バストの形

男女を問わず、一般的によく耳にする理想のバスト、それは、
ふんわり柔らかい感じを持ちながらも、ある程度の高さがあって、
尚且つハリのある上向きのバスト。実に贅沢な胸と言えるでしょう。
こうした理想のバストを作り出すには、大きさだけでなく、形や
位置も重要になります。

女性のバストは大きさと同様、形も様々です。一昔前までは、
日本人女性に比較的多いのが”皿型”とも呼ばれる「円盤型」バスト
だったと言われています。これはその通称の通り、平たいお皿を
裏返して2つ並べて乗せたような形の薄く盛り上がったバスト。
トップバストとアンダーバストの高低差が少ないため、比較的カップ
サイズの小さなバストと言う事になります。

一方、昔から欧米の女性に多かったのが「円錐型」と呼ばれる付け根の
部分が若干幅広く、先端にかけて少しずつ細くなって行くバストです。
乳頭が前方に突き出し、均整の取れた美しい膨らみを醸し出している
ところから、男女を問わず憧れの的となっているようです。

女性の胸の形には、他にもいくつかの種類があり、柔らかな膨らみを
重視した胸を求める人に人気なのは「半円球型」と呼ばれるバスト。
ボールを真半分に割ったような形で、安定性とともに、均等な膨らみが
あります。こちらも理想的な美しいバストだと言われる事が多いよう
ですが、このバストの形は、別名”おわん形”とも呼ばれ、乳房自体が
少し小さめで出っ張りが少なかったり、鎖骨と乳房の間に少し隙間が
出来ている事もあります。又、トップバストのサイズはそこそこあるの
ですが、アンダーバストとの差が意外と少ないのも特徴の1つです。

当サイト人気コンテンツ

★ バストとは
★ 理想のサイズは?
★ ブラジャーでアップ
★ 初めてのバストアップ


Copyright (C) 2007 バストアップ@解説NAVI All Rights Reserved.